バナー

墓地と深い関係がある永代供養

永代供養は、できるだけ長い期間にわたって先祖供養を行うことを意味します。

当然ながら、未来永劫にわたって続けられるとは限りません。

寺院墓地の場合であれば、寺と檀家の関係が継続しているからこそ永代供養も行うことが可能になります。

永代供養の歴史といえば情報満載のサイトがたくさんあります。

何らかの理由によって、寺院がなくなれば墓地が廃れていくことも考えられます。



仏教の例ではありませんが、古墳時代の墓地の多くは農地などに変わって消滅しています。
墓地を1000年以上も守っていくことは、大変な難事業であることは歴史が証明しています。少なくとも33回忌までは追善供養を行うことが慣例ですから、永代供養を寺院に依頼することには意味があります。

33回忌を過ぎた後には、遺骨を土に還す場合もあります。

涅槃寂静の世界に入り、肉体はなくなっても魂があの世で成仏すると考えればすっきりとします。

墓地の維持管理は確かに大変ですが、昔であれば土葬であったために現在のような悩みは少ないものでした。



墓地を新たに購入する場合には、霊園を運営している団体に永代使用料を払うことが普通です。


永代供養料と言う場合には仏教式となりますが、墓地は神道式に対応することもあります。

霊園を運営する団体の多くは寺院ですが、神道式であれば神社が運営する例もあります。

神道式のほうが葬儀は簡素で安いことが多いですが、墓地に関しては仏教式の場合と同様の費用がかかります。

永代供養料や使用料に関しては、都会ほどに高くなります。